福岡の弁護士による法律相談は,福岡市中央区六本松 別府橋交差点横ビル「染矢修孝法律事務所」へ|離婚・男女関係

離婚・男女関係

お気軽にご相談ください― 初回30分相談無料 ―

離婚・男女関係

離婚・男女関係Divorcement

依頼者のより良き人生の再スタートのために。
親身かつ冷静な,あなたの離婚問題解決のパートナーとなりたい。そのような想いで,離婚問題へ取り組みます。

1.離婚相談の流れ

電話・メールでのご相談
右寄せの画像

まずは,当事務所へ,電話連絡またはメールでのご予約をして頂きます。その後,当事務所へご来所頂きお話しを聞かせて頂きます。初回の30分は無料にしておりますので,どうぞお気軽にご相談ください。

ご来所頂きご相談のうえ,弁護士によるヒアリング
右寄せの画像

ご相談をお受けする場合には,具体的には以下のような事項をヒアリングさせて頂きます。

ご結婚された時期はいつか
お子様の有無
お子様の年齢,人数などは
なぜ,現在,パートナーと婚姻関係を継続することが難しい状況となっているのか
離婚の原因となる事実は何か(例えば,配偶者の不貞行為,浮気,配偶者からの家庭内暴力(DV ドメスティックバイオレンス),配偶者の浪費,性格の不一致,モラルハラスメント等)
離婚を求める立場か,離婚を求められる立場か
これまで,夫婦で婚姻関係の継続に向けた話合いを行っているか
現在,別居しているのか,別居しているとして何時頃から別居を開始したのか
ご主人様と奥様それぞれ収入を得ているか,得ているとして前年度の収入はいくらくらいか
財産分与の対象となる財産は存在するか
相談者の離婚の意思の強さ
未成年のお子様がいらっしゃる場合には,相談者が親権,監護権を望んでいるか

解決策のアドヴァイス
右寄せの画像

でお聞きした上で,弁護士の立場から

離婚方法(協議離婚,離婚調停,裁判離婚),離婚手続きについて分かりやすく説明を行う。
離婚意思,離婚原因の確認
協議,調停になった場合の見通し
親権,監護権の希望の有無,見通し
離婚給付(①慰謝料,②財産分与,③養育費,④その他精算に関する事項)についての予測。
興信所利用の可能性
離婚成立までにかかる期間の目安
離婚成立までにかかる費用の目安
その他,別居期間中,生活費等の支払いがなされていない場合には,離婚成立までの婚姻費用の分担を求めるべきこと,またその際の目安となる金額

などを説明させて頂きます。

なお,上記の内容は,主として離婚を求める側からの説明となりますが,離婚を求められる側からのご相談も良くお受け致します。離婚を求められる側についても質問させて頂く事項や説明させて頂く事項については基本的には変わりありませんが,離婚を求められる側特有の精神的ショック等については特に配慮すべきであると考えております。

2.離婚事件のご依頼をお受けする場合について

弁護士との契約
右寄せの画像

弁護士が,離婚事件についてご依頼をお受けする場合には,委任契約書という書面を作成する必要があります。また,委任契約締結時には,委任状も頂くこととなります。委任状とは,依頼者の方が弁護士へ依頼する際に,その意思表明を書き記すものであります。

委任契約書を作成する際には,弁護士の費用(通常,弁護士着手金,報酬となります。),受任の範囲などを取り決めすることになります。

弁護士にご依頼して頂く際にも,要する費用の総額の目安,弁護士にご依頼して頂く仕事の範囲など,普段依頼者の方にとってはあまりなじみの無い事柄であると思われますので,出来る限り分かりやすく,明確に説明させて頂くことを常に心がけております。

弁護士の報酬についてご不安な方もいらっしゃると思いますが,着手金について,一部のみを事件着手時にいただき,着手金の残金については,報酬とともに事後的に清算させていただくというようなできる限り柔軟な対応をさせていただいております。

経験上,弁護士の着手金,報酬について,当初不安をお持ちの方も,弁護士からの説明により,不安が解消される方がほとんどです。

最初のご相談の際に,すぐには弁護士との契約に踏み切れなないという場合には,いったん持ち帰って頂きご家族などと十分にご相談の上ご依頼を頂く,また数回納得の行くまでご相談をして頂くなどして,最終的にご依頼を頂くということも良くあります。

他の事件同様,ご不安,ご不明な点は,弁護士へお気軽に説明を求めて頂けるような雰囲気作りも意識しております。

3.離婚事件をお受けした後のお打ち合わせ

処理方針等の決定について

離婚事件を解決するにあたって,こちらの要望,主張を出来る限り実現するためには,多くの情報,資料等を集め,その情報等を基に事件ごとの戦略を立てる必要があります。

最初の相談の際にも,具体的な事項についてさまざまな点のヒアリングをさせて頂きますが,改めて資料を持ってきて頂いたり,今後,取得すべき情報,資料などをお伝えさせて頂くこととなります。

婚姻に関する事実
家族関係を把握するための戸籍謄本
住民票
依頼者の方が,離婚を考える原因となった事実が記載されている資料(手紙・写真など)
配偶者から暴力を振るわれている等の事情がある場合(医師の診断書など)
依頼者の相手方が不貞行為を行っているなどの場合(興信所の報告書,不倫相手とのメールのやり取りなど)
財産関係を把握するための資料(登記簿謄本,預金通帳,給与明細,源泉徴収票,家計簿,生命保険契約証書,証券会社からの郵送物など)

その他,個々の案件ごとに,相手方についての情報をお聞きしこのような資料は無いですかとお尋ねすることもあります。

離婚事件は,依頼者が弁護士の法的なサポートを受け,納得の行く離婚をし,新たに前向きな人生の一歩を進めて頂くものであると考えますので,是非,事件の進行に際しても弁護士へのご協力を頂ければより良い解決へと近づくものと思います。

3のお打合せで頂いた情報を基に,離婚方法としてはいかなる手段を選択すべきであるか,話合い(離婚協議)行うに当たっては,いかなる事項について話合いを進めて行くべきか。また裁判となる場合には,どのような証拠に基づきどのような主張を行ってくるかのかなど見通しを立て,具体的方針を決定して行きます。

4. 法律的、精神的サポート

弁護士において,離婚のご相談をお受けする場合に気をつけている点

十分に相談者の方のお話し,お気持ち,お考えを聞かせて頂くこと。
夫婦,家庭の危機というご相談者にとって大変大きな人生上の問題に直面されていることを踏まえ,相談者の方の心情に出来る限り寄り添う姿勢を持つこと。
相手方の立場,状況を踏まえ客観的な立場から冷静に相手方の言い分,予想される主張を考えること。
相手方に弁護士がついた場合に突いてくるであろうポイント。
相談者の方の家族構成,お仕事,お子様の有無などから,離婚後の生活設計に不安はないか。

以上の点を十分にご理解頂けるよう分かりやすく説明,第三者の視点から確認させて頂き,相談者の方にとってよりベターな解決策を共に考えることを意識しております。

どうぞお気軽に,早めの相談を心がけて頂ければと思います。

昨今では,離婚が増加し,結婚後数年で離婚などという話を聞く事も全く珍しくない時代となってきました。

おそらく皆さんの回りにもすでに離婚した夫婦や現在別居中で離婚も視野に入れ夫婦や親族を含め話し合いをしているというようなことを耳にすることも多いのではないでしょうか。

離婚は,夫婦だけではなくその間にいる子供達,それぞれの両親などの親族などに対し決して小さくない影響を与えます。また,離婚は,当事者らにとっては,人生の中でも本当に大きな悩みとなる問題の一つであると思います。

このような離婚問題は起こらないに超したことはないのですが,どうしてもやむにやまれぬ理由(これは家庭の外や夫婦以外の第三者からは全く分からないことが多いものと思います。)で離婚を検討しなければならないこともあるものと思います。

お話を聞かせて頂いても,さまざまな事情を考え離婚をおすすめする事ばかりではありませんが,やはりその夫ないし妻の立場に立って考え,離婚に踏み切ることが,今後の人生にとって本当に必要なものである場合には,ご相談者のお考えやその周囲の方のお気持ちなどを踏まえ,離婚により新たな良き人生のスタートをきって頂けるよう,出来る限りの法律的,精神的サポートさせて頂きたいと考えております。

「ご依頼される方の人生にとって,深く大きな悩みとなる離婚問題について,その方の長い人生を考えた場合のより良い解決・利益は何なのか,親身かつ冷静に考えることの出来る離婚問題解決のパートナーとなりたい。」そのような想いで離婚問題の解決にのぞみます。

このような,離婚問題や男女間の法律問題について,前職での勤務時代を含め,毎年多くのご相談,ご依頼を受けてきました。是非,離婚問題や男女間の法律問題でお悩みの方は当事務所までお気軽にご相談ください。

Access交通アクセス詳しくはこちら

  1. バスでお越しの方
    【別府橋】バス停を降りて、徒歩1分
  2. 地下鉄七隈線でお越しの方
    「六本松駅」①番出口より左へ直進 徒歩5分
  3. 車でお越しの方
    近隣の有料駐車場をご利用ください。
  4. 染矢
    〒810-0044
    福岡県福岡市中央区六本松4-11-25
    クロッシング2100六本松№41 3階(301)
    092-406-6872 / Fax 092-406-6873
アクセスマップ
初回30分相談無料

TOP
Copyright © 2016- Someya Nobutaka law office All Rights Reserved.