交通事故│福岡の弁護士による法律相談は, 福岡市中央区六本松「染矢修孝法律事務所」へ

お気軽にご相談ください 初回一時間相談無料

交通事故

お気軽にご相談ください
― 初回1時間相談無料 ―

交通事故

交通事故Traffic accident

福岡で,交通事故にあわれた方は,ぜひ,当事務所へご相談ください。相談料は,初回1時間相談無料 ,2回目以降30分5,500円(税込)です。

交通事故の被害者の方が,事故後,治療を行いながら,加害者側の保険会社の担当者と慰謝料等の損害賠償金額について交渉を行うことは,大変苦痛の多いものと思います。

一般に,交通事故の被害者の方は,交通事故に関する様々な対応や保険会社との交渉などに関し初めての方が多く,知識も経験もある保険会社の担当者に対して十分に自分の意思を伝え,交渉することは,困難なものと思われます。

また,保険会社が被害者に対して当初,提示する損害賠償の金額は,事故の大小を問わず,弁護士が介入するなどして交渉した場合の金額と比べ,低いと言わざるを得ないのが現実です。

そのため,依頼者の方にとっては,交通事故の損害賠償に関して,弁護士に依頼するメリットは大きいものと思われます。

ぜひ,交通事故にあわれた方は,ご自分,もしくはご家族の加入する自動車保険に弁護士費用補償特約がついているのかをご確認ください。また,この弁護士費用補償特約を使用しても,保険の等級が下がることはありません。

ぜひ,交通事故にあわれた方は,ご自分,もしくはご家族の加入する自動車保険に弁護士費用補償特約がついているのかをご確認ください

弁護士費用補償特約が適用されることとなる人の範囲や,自分に一定程度過失がある場合にも弁護士費用補償特約を使うことが出来ることなど,弁護士費用補償特約そのものについても,一般に十分に知られていないことも多くあります。

昨今では,依頼者の方の加入する自動車保険に,いわゆる弁護士費用補償特約が付帯されている場合も多いため,弁護士への相談料,報酬を依頼者個人で負担することなく弁護士へ依頼できる場合も多いです。

交通事故依頼に関する費用,弁護士費用補償特約について,詳しくはこちらをご覧下さい。

弁護士費用補償特約そのものについてのご相談もお気軽にして頂ければと思います。

「保険会社の対応にいまいち納得がいかない。」「自分に提示された,示談金額がはたして妥当なのか分からない。」「後遺症の認定が下りなかったが,何か方法はないか。」など交通事故の問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

当事務所は,福岡での交通事故に関し力を入れており,皆様にとって,より満足の高い解決を図れるようサポートいたします!弁護士との話しやすさなどを確認するためにも,ぜひお気軽にご利用ください。

1.交通事故事件に関する相談の具体的流れ

電話・メールでのご相談
電話を受ける

まずは,当事務所へ,電話連絡またはメールでのご予約をして頂きます。その後,当事務所へご来所頂きお話しを聞かせて頂きます。初回1時間相談無料 ,2回目以降30分5,500円(税込)にしておりますので,どうぞお気軽にご相談ください。問題の解決にあたって,弁護士とのコミュニケーションや相性は重要な要素となります。

ご来所頂きご相談のうえ,弁護士によるヒアリング
ヒヤリングする

ご相談をお受けする場合には,具体的には以下のような事項をヒアリングさせて頂きます。

交通事故の日時や発生場所
交通事故時の具体的状況
怪我の状況,程度
現在の症状状況
入院,通院の状況
症状固定の有無
治療のため,お仕事を休まれた日,有給の使用状況
ご家族構成
相談者の保険会社と相手方の保険会社の担当者,連絡先等
保険会社からの賠償金額の提示の有無,金額
弁護士費用特約加入の有無

解決策のアドヴァイス
アドヴァイスをする

上記の点などをお聞きした上で,弁護士の立場から,おおむね以下のような事項についてご説明させていただき,解決策のアドヴァイスを致します。

交通事故の交渉,訴訟等の進め方
請求できる損害賠償の項目(治療費,交通費,休業損害,入通院慰謝料,後遺症が発生している場合には,後遺症慰謝料,逸失利益等)についての説明
相手方保険会社からすでに賠償金額の提示がある場合には,各損害項目についての金額の妥当性
過失割合について
交渉等が成立するまでの期間の目安
後遺症の認定についての異議申立ての手続き

弁護士において,交通事故のご相談をお受けする場合に気をつけている点としましては,まだ,十分に事故の怪我から回復されていない方も多いため,体調等に配慮しながら,ご相談をお受けしています。

福岡での交通事故に関し,保険会社の対応等でお悩みの方は,どうぞお気軽に,当事務所へお早めにご相談ください。

交通事故で,比較的軽いお怪我や,少額の物損で,弁護士への相談を悩まれている方へ。
~福岡等で交通事故に合われた方で,軽傷の方などもどうぞお気軽にご相談ください。

ご相談者の中には,この程度の怪我(多くは,頸部のむちうちや,打撲など。)で,弁護士への相談を行うことは,「あまり意味がないのではないか」,「やや大げさではないか」,「小さな事故は弁護士が対応してくれないのではないか」などの思いから,弁護士へのご相談を時にためらわれる方がいらっしゃいます。
しかしながら,実は,弊所がお受けしている交通事故の案件のうち,頸部のむちうちや,その他の部位の打撲,軽微な物損などの比較的損害額の小さな事故についても,感覚的には50%ほどあります。
このような比較的小さな交通事故であっても,被害に合われた方の,精神的,肉体的なご負担は,それなりに大きいものがあるというのが実感です。
また,相手方保険会社との対応についても,事故の大小を問わず,その手間や負担は大きいものと考えられます。

弊所では,交通事故に合われた方においては,その怪我や物損金額の大小にかかわらず,交通事故の対応を自ら行うことは負担が大きいものと考えておりますので,比較的軽傷のケースでも,積極的に,交通事故の被害者の方のご依頼をお受けしております。

また,特に,交通事故に関しては,自らの加入する任意保険に弁護士費用特約(簡単には,自動車事故等について,自らが被害者となってしまった場合に,お怪我や物損について加害者へ損害賠償を請求する際の,弁護士への法律相談費用や依頼の費用について,被害者に対して補償してくれる特約を言います。なお,弁護士費用特約を利用しても,その後の保険料が増額となることはございません。また,事故の大小も問いません。)に加入されている方も非常に多いため,軽微な事故であっても,弁護士への依頼を行うにあたって,弁護士費用のご負担を心配される必要がないことが非常に多いです。

「比較的軽傷だから」,「少額の物損」だからと,弁護士への相談や,依頼をためらったり,あきらめる必要は全くありません。
比較的小さな事故であっても,弁護士への依頼により,相手保険会社からの事前提示額から,「数十%も」賠償金額がアップすることも決して珍しくはありません

これまでに,弊所にご依頼いただいた方のなかにも,比較的軽傷ではあったが,保険会社とのやり取りなど初めての経験で全く分からず,怪我の治療や仕事や家事をしながらの交通事故の対応が大変負担で,弁護士への依頼を行ってところ,大変気持ちが楽になったとのお声を多数いただいております。→依頼者の声へ。
福岡で,交通事故の被害に合われた方は,どうぞお気軽に,福岡市中央区六本松の染矢修孝法律事務所へご相談ください。弊所では,交通事故の大小を問わず,誠心誠意ご対応いたします。

2.交通事故事件のご依頼をお受けする場合について

弁護士との契約
契約

弁護士が,交通事故事件等について,ご依頼をお受けする場合には,委任契約書という書面を作成する必要があります。また,委任契約締結時には,委任状も頂くこととなります。委任状とは,依頼者の方が弁護士へ依頼する際に,その意思表明を書き記すものであります。

委任契約書を作成する際には,弁護士の費用(通常,弁護士着手金,報酬となります。),受任の範囲などを取り決めすることになります。

交通事故に関しては,他の事件と異なり,ご加入の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されているケースが多いため,保険により弁護士費用の全てをカバーすることができ,弁護士費用についてのご心配なく,弁護士へ依頼していただける場合が多くあります。

弁護士費用特約自体についても,ご家族の保険に付帯するものを使用できることを知らなかったなど,なかなか一般に行き渡っていない知識もあります。

是非,弁護士費用特約について,ご不明な点についてもご相談ください。

相談においては,他の事件と同様,ご不安,ご不明な点は,弁護士へお気軽に説明を求めて頂けるような雰囲気作りも意識しております。

3.交通事故事件等をお受けした後のお打ち合わせ

処理方針等の決定について

交通時事件をお受けした後も,相手方保険会社の交渉の進捗状況や,賠償金額の増額等の状況,また訴訟となった場合においても,こちらから提出した書面の説明や,相手方からの主張が記載された書面についての説明や,今後の予想される展開等,必要に応じて,ご報告,打合せを行います。

ぜひ,ご不明な点は,弁護士へお尋ねください。

4.弁護士報酬の目安

交通事故事件のケース

事例片側1車線の国道を,自家用車を運転し通行していたところ,反対車線を走行してきた普通乗用自動車が,ドライバーの居眠り運転によりセンターラインを大きく越えてはみ出してきたため,正面衝突した。その衝撃により全治6ヶ月の胸部圧迫骨折等の傷害を負い,症状固定後,最終的に後遺症等級12級となった。
相手方への損害賠償として約1000万円の損害賠償請求をしたい。

ア 相談料について
交通事故事件のご相談についても,初回1時間相談無料 とさせていただきます。 以降は,30分ごとに5,500円(税込)とさせて頂きます。
イ 着手金について
基本的には,以下の計算式に当てはめて,着手金の算定を行います。
経済的利益の額が125万円以下の場合 10万円+消費税
300万円以下の場合 8%+消費税
300万円を超え3000万円以下 5%+9万円+消費税
3000万円を超え3億円以下  3%+69万円+消費税
ウ 報酬金について
基本的には,以下の計算式に当てはめて,報酬金の算定を行います。
300万円以下の場合 16%+消費税
300万円を超え3000万円以下 10%+18万円+消費税
3000万円を超え3億円以下  6%+138万円+消費税

弁護士費用補償特約のご案内(上記弁護士費用が「ゼロ円」となることも!)

○ご加入の任意保険の弁護士費用特約等により,上記弁護士への相談料,着手金,報酬が全て,「ゼロ円」となることも多くのケースでございます。

弁護士費用特約とは,ご加入に任意保険における主な特約の一つであり,被保険者の方が,交通事故等の被害にあわれた場合に,損害賠償の請求に関して,弁護士等の専門家に対し法律相談や事件の依頼を行った場合の費用等について,保険金として支払うものを言います。
ほとんどの弁護士費用特約は,相談料について限度額が10万円,事件を依頼した場合の限度額が300万円と設定されております。
そのため,ほとんどすべての事件において,自己負担なしで,弁護士への相談や事件の依頼を行って頂くことが可能となります。

後遺症12級で約1000万円の請求を行う上記事例の場合

弁護士費用補償特約がない場合,着手金は合計64万9000円(税込)(標準額)となります。
報酬金は合計129万8000円(税込)(標準額)となります。
しかし,弁護士費用補償特約にご加入の場合,上記弁護士への着手金及び報酬について,「ゼロ円」となり,自己負担しなくても良いということになりますので,ぜひ,ご加入の有無とご利用をご検討ください。
弁護士費用補償特約についてのご相談もぜひ,お気軽にご相談ください。

弁護士費用補償特約のメリット
弁護士費用補償特約のメリット
○弁護士費用補償特約を使って弁護士に示談交渉を依頼すると,被害者が自分で交渉しなくてもすみます。

交通事故の被害者の方が,事故後,治療を行いながら,加害者側の保険会社の担当者と慰謝料等の損害賠償金額について交渉を行うことは,大変苦痛の多いものと思います。
一般に,交通事故の被害者の方は,交通事故に関する様々な対応や保険会社との交渉などに関し初めての方が多く,知識も経験もある保険会社の担当者に対して十分に自分の意思を伝え,交渉することは,困難なものと思われます。
また,保険会社が被害者に対して当初,提示する損害賠償の金額は,事故の大小を問わず,弁護士が介入するなどして交渉した場合の金額と比べ,低いと言わざるを得ないのが現実です。
弁護士費用補償特約を利用すると,被害者が示談交渉を行う精神的ストレスがなくなるというメリットに加えて,損害賠償金も増額できるケースも多くございます。

弁護士費用補償特約のメリット
弁護士費用補償特約のメリット
弁護士費用補償特約のメリット

弁護士費用補償特約について,誤解されやすい点,良くお尋ねいただく点を,簡単にご紹介いたしますので,ぜひご覧ください。

福岡で,交通事故にあわれた方は,ぜひ,当事務所へご相談ください。相談料は,初回1時間相談無料 ,2回目以降30分5,500円(税込)です。

Access交通アクセス詳しくはこちら

  1. バスでお越しの方
    【別府橋】バス停を降りて、徒歩1分
  2. 地下鉄七隈線でお越しの方
    「六本松駅」①番出口より左へ直進 徒歩5分
  3. 車でお越しの方
    近隣の有料駐車場をご利用ください。
  4. 染矢
    〒810-0044
    福岡県福岡市中央区六本松4-11-25
    クロッシング2100六本松№41 3階(301)
    092-406-6872 / Fax 092-406-6873
アクセスマップ
初回1時間相談無料

平日の午前9時半から,午後6時半まで,初回1時間程度相談料無料。平日の上記時間外,及び土日祝日は,初回含め30分程度5500円(税込)です。


TOP